我が家定番の塩風呂はデトックスと毛穴の掃除と保湿が同時にできるんだぜ?

 

彼女は以前ものすごく体調が悪かった。

いろんな原因があった。

人間の体は複雑で、様々な要因が重なって体調が悪くなってる場合が多い。

彼女の場合そのきっかけというかトリガー的なものがストレスだったわけで。

 

しかし、今は彼女は以前のような体調不良に悩まされることはなくなった。

毎日明るく元気で俺が作った不格好な料理もモリモリ食べてくれるし、筋トレや真冬のツーリングも一緒にしてる。

昔の体調暗黒期を思ったらめでたしめでたしなんだけど、個人的にはもっともっと彼女が幸せだと感じられるようにしていきたい。

美容、健康、メンタルなどのジャンル問わず総合的に。

 

 

そしていろんなものにチャレンジして効果があったことをこのブログで紹介していけたらと思ってる。

旅の記録なんかもストレス解消こんなことしてます!ってことで、載せてる部分も大きい。

 

 

前置きが長くなってしまった。

 

 

ということで今回のテーマである塩風呂である。

塩風呂は我が家にとってはもはや欠かせないものになっている。

最初は「良いらしいけどやってみるー?」くらいの軽い感じで始めたのに今は入れないと気持ちが悪いというレベルに。

 

でも…。

 

 

 

てことで。

メリット・デメリットを体験、そして継続している者(俺)からどんな感じなのかを簡単に説明していきたい。

 

 

塩風呂を始めたきっかけ

 

彼女と旅で温泉に浸かるたびに

 

「やっぱり家の風呂とは違うな」

 

なんて話になる。

体の温まり方や肌の感じなどもはや別次元。

てことは、それだけ入浴というものは、美容面や健康面に影響を与えるということ。

 

で、風呂は家でも毎日入る。

 

もし家庭の風呂に何か入れたら人生変わるかもしれん。

もしかしたら、彼女の疲労の回復速度が早まったり背中や肩の凝りが和らいだら最高。

 

 

ということでいろいろ情報を集めた。

基本的には入浴剤というくくりになるんだろうけど、ネットで見るとどれもそれぞれ効果はありそう。

 

だがしかし!

 

高い。

 

効果があるものは高い。
これは当たり前。

ほしい。

けど継続していくものだからずっとこれを買い続けるのか…と思うと買えない。

 

で、安く始められそうなもの何かないかと探してたら、塩に行き着いたという。

なんてことは無い。

ケチくさいだけだ。

 

一般的に言われている塩風呂の効果(メリット)

 

デトックス効果&毛穴すっきり

 

浸透圧の関係で通常の水だけの風呂に比べて塩風呂は漬物よろしく体から水分が出ていく感じ。

しかもそこに塩のマグネシウムの作用で毛穴の汚れがやさしく洗い流される(らしい)。

このやさしくというのがポイントで毛穴の汚れを除去しようとしてもピーリングは肌を痛めるし、他の化粧品でも全身隅々までやるのは大変。

 

でも塩風呂は毎日浸かればそれだけで全身の毛穴汚れを汗と共にやさしく洗い流してくれる。

 

 

殺菌・抗菌

 

皮膚の上には様々な菌がいてその菌のバランスが崩れると外気の汚れや皮脂の分泌過多などで肌トラブルになってしまう。

 

塩風呂はそんな常在菌を濃度にもよるけどマイルドに殺菌&抗菌をしてくれる。

 

海に行ったら背中のニキビが減った!なんていうのは海水の塩分の殺菌&抗菌またはミネラル成分の作用で肌状態が正常になったのだ。

 

ここで注意しなければいけないのは悪化する場合ももちろんある。

多かれ少なかれ常在菌のバランスが変わるわけだから合わない人もいるよね。

塩の刺激に弱い人は言わずもがな。彼女も肌が敏感なのでこのあたりは結構ビビッてた。

 

でもずっと悩んでいたニキビが塩風呂だけで治ったら、悩んでる人にはこんなに嬉しいことは無いと思う。

実際俺の背中にいくつかあったニキビもかなり治まったから、効果がある人は確実にいると思う。

 

ちなみに背中ニキビ、ニキビじゃなくて菌が原因の場合もあるから、何やっても治らない人は皮膚科行って調べてもらうとGOOD。

 

 

保湿効果

 

塩で保湿はあまりピンとこないかもだけど、海に行ったときにベタベタするあれです。

 

ミネラル成分の中のマグネシウムには保湿効果もあるらしくそれが効くらしい。
マグネシウムってすごいのね…!

 

風呂に入れる塩の量にもよるけど、結構入れればこれは体感できると思う。

ベタベタって感じではなく風呂後の肌のかさつきが無い自然な感じだから、俺は好き。

 

風呂上りに全身ボディローション塗るのだるいって人はお試しあれ。

 

 

用意するのは粗塩のみ

 

用意するのは粗塩

食塩じゃなく、粗塩が良いのは含まれているミネラル成分の話。

特にマグネシウムの量は体感できるほど差がある。

よくネットに書いてある伯方の塩、瀬戸の粗塩が良いとされるのはこのマグネシウムの含有量が多いことも関係していると思われる(多分)。

 

上で書いたけどマグネシウムは毛穴洗浄&保湿。

風呂からザバッと上がってそのままバスタオルな人とか化粧水(後述)として使いたい人は裏の成分表示を確認して使用感を比較すると面白かったりする。

俺の一押しはこの日本海水 赤穂塩しぶきあらじお 。
ミネラルたっぷりでただの今まで使ってきた塩で今のところコスパナンバー1。

 

入浴の感想と実感した効果

 

まず、結構ドサドサ入れても海水のように傷口がしみるとかベタつく感じはない。

しかし塩風呂に浸かってると体が火照ってくるのがわかる。

ミネラル成分が体に薄い膜を張りプチサウナ状態になるからだ。

 

この汗の量が余計に毛穴が掃除されてる感があって良い。

ただ我慢して浸かり続けるとフラフラになるので水を持っていくことを強くオススメする。

 

一度彼女が水無しで長風呂したら酔拳みたくなって出てきた。

 

 

 

 

その後シャワーで流さずそのまま出てバスタオルで拭いても、別にベタベタする感じもなく至って普通。

ただこれは入れる量にもよると思う。
洗面器いっぱい掬ってドサーーみたいな人は少しベタつくかも。

でも基本はさっぱり。

 

 

で…。

 

翌日に肌の変化を体感!!

 

どうなったか。

 

めっちゃツルツルになった。

 

 

尻が。

 

 

気になる続きは次回です。

 


– ポリシー –

コメント

タイトルとURLをコピーしました