デート中に喧嘩をしない考え方。暑くても寒くても衰弱する彼女の対策

前回の記事

デート中にたまに元気がなくなるから、いい加減対策考えてみた
...

の続きです。

まだ読んでないという方はぜひ上のリンクから♪

デート中に元気がなくなる原因と対策まだまだあります!

普通に喧嘩

 

今まで彼女とデート中に喧嘩したことない。

って言うと驚かれるけど、これ本当。

でも案外喧嘩しないって人も多いと思う。

別に遠慮してるとかじゃないけど、なんとなく喧嘩してまで我を通すことがないというか。

 

よし、喧嘩しない秘訣をバシッと言う。

 

いつでもどこでも楽しくいられる秘密を書く。

 

うーん。

 

 

うーん。。

 

 

 

 

人それぞれだし、俺が上から何か言っても、と思ってしまった。

 

でも喧嘩するって話はよく聞くし、自分たちも喧嘩したとしたらたしかに元気はなくなると思う。
俺なんてビビリだから喧嘩っぽい雰囲気になりそうになったら全力で回避行動をとる。

なぁに、勇気ある撤退よ。

 

対策

 

お互いがその日一日を楽しい日にしようと努力することが大切かなと。

勝手に楽しくなるんじゃなくて、楽しい日にするぞ!と思えば案外些細な問題は気にならず、スムーズに乗り越えられるもの。

相手に楽しくしてもらう、って考えると粗ばかり目立って楽しめないし、そんな関係は最初は良くても後々寂しくなったりするもの。

相手を楽しませたい!!ってお互い思えたらこんな幸せなことはない。

でも喧嘩を恐れて言いたいこと言わないよりも、、

言ってお互い分かり合った方が良い

大切なのは伝え方と思いやり(キリッ)

 

暑さによる蒸れや日焼け

 

炎天下で蒸れと汗と日焼けで元気が出ない。

これは真夏でもツーリングするからすごいわかるし、マジに体力が奪われて頭がボーっとしてくる。

特に日焼けは体力を奪う+下手したら火傷っぽくなるからやばい。
しかも彼女は暑さに弱いから真夏に屋外にいると目の焦点が遠くなり、笑い方に力がなくなってくる。まぁ衰弱です。

夏は常にぶっ倒れそう

逆に俺は暑いと燃えてくるタイプで、30度超えると無性に走りたくなる暑苦しい体だったりする。
あつい!!もう無理!!走りたい!!!いやっほーい!!!

お巡りさんここです

 

対策

 

暑くなりそうならパートナーの特性を理解して屋内メインにするしかない。

また日差しが強い場合は少しの外出でも帽子をかぶると体力消費が全然違うと思う。

脳天から直射日光を食らい続けるというのは思ってるより負担が大きい(頭も日焼けするし)。
持ってない場合は現地で帽子を買うのもアリ。

すごい個人的なこと俺だけかもしれないけど、帽子って一人で選ぶの難しい。
鏡見ても似合うかどうかイマイチよくわからないから帽子選びを手伝ってもらえたら嬉しいかも知れない。
あとなんか何回も鏡見て確認してると恥ずかしくなってくる。
「大丈夫、あんま似合ってないのは俺が一番わかってるから!」と心の中で叫んでるあの感じ。

 

 

蒸れと汗対策は、制汗シートでトイレ行くたびに体中拭くしかない。
あの皮膚に張り付いた汗の膜みたいなのが暑さを助長するのでそれを取るだけで全然違う。



また、あえてプールや海!という考え方もあるけど、直射日光弱い人はプールや海もしんどいからなんとも言えん。
そう考えるとナイトプールってパリピでウェーイなイメージあるけど理にかなってるというか行きたくなるのわかる。

(行っても浮かないかぁ…)

超怖いね

後は標高の高いところに行く!という車中泊夏キャンパーみたいな手段も。

実際彼女とのバイク旅中も暑さが我慢できなくなった時は、山ルートに変更して遠回りでも強引に標高の高いところへ行って涼をとったこともある。山ってビックリする程涼しい。

※100メートルで約0.6度下がります。

 

寒さによる血行不良

 

逆に寒い場合。

真冬の屋外デートイベントって結構ある。

クリスマスとか冬のイルミネーションとか初詣とか。

自分達も-7℃の中バイクで初詣行ったけど、たしかに人は寒くなると元気がなくなり、眠くなった。

箱根大観山で初日の出を見る為に-7℃の中大冒険!奇跡の紅富士に魂が浄化されるの巻。
...

 

しかも冬のイベントって体動かさないでジッとしてることが多くて余計にボーッとしてくる。

とパートナーに協力を仰いでもいいかも。

 

対策

 

ホッカイロ貼りまくり!と言いたいけど屋内に入ると汗かいてまた外出て風邪引くというあのパターン

そう考えるとまずは防寒着をしっかり整えること。
多少嵩張っても衰弱よりマシ。

彼女が真冬にバイクに乗るときの防寒着新調計画。見た目ガン無視の最強ウェアはどれだ!
...

 

そう考えるとやっぱり電熱ウェアは最強だな。
早くほしい。早く買ってあげたい。
余裕ある人は彼女や奥様にプレゼントを。

冬の着ぶくれとはオサラバ。

 

結局のところ

 

細かいことを二記事にわけてつらつらと書いたけど。結局のところ大切なことは、

1:事前準備!!

2:広く優しき心!!

があればいいんじゃないかな。

いろんな想定をした上で事前準備をしつつ、万が一どちらかがデート中元気がなくなっても、許して優しく元気付けてあげられる広い心があればいい。

…。

そんな至極当たり前の結論に行き着いてしまった。

 

これをここまで読んできれた方は、

「え?全部当たり前のことじゃね?」

と思っているはず。

 

しかし!

その当たり前のことを日々意識してやれるかどうかが大切なんだ!

だからこうやって頭の整理をして書き出して「なるほど!」「新発見だ!」って目から鱗的で今更な俺を責めてはいけない。間違っても。

……。

(こう考えると自分って要領悪いんだな)

 

-猛暑日の帰宅時-

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました