彼女の誕生日にやらかした俺はみなとみらいデートで中華とグミに希望を託す!

 

前回の記事の続きです。

 

読んでない方はこちらから↓

彼女の誕生日デートに動物園に行くも無残な結果に!いいか準備は念入りにな!
...

 

そしてそこからはクイーンズスクエアの方へ。

途中の遊園地は入場料無料なので、もちろん入る。

 

そして通り過ぎる。

 

いやー遊園地の雰囲気っていいよね♪

 

いや、本当は観覧車に乗ろうかと思ったんだけど、前に観覧車二人で乗った時に彼女がマウンテンゴリラよろしく面白がって揺らして、俺の下腹部がヒュンヒュンして以来少し苦手意識があるのと、彼女がチケット代を見て…

 

と驚愕し、その分夕食に回そう?と気を遣ってくれたので素通りすることに。

 

また来るぞ(いつか)

また座る…のか?

 

 

クイーンズスクエア内はどうやらディズニーとコラボ的な何かをしているようでそこかしこにディズニーキャラクターが。

 

クリスマスっぽいなー♪

 

この頃には俺らの足は棒に。

体力的にとても全部回りきれないから外せないところだけ行くことに。

 

彼女にどこ行きたい?と訊ねると、

「グミが売っているところ行きたい」

グミ…とな。

グミ…とな(二回目)。

 

というわけでスイートファクトリーでグミGET!

この海外のグミのどことなくデンジャラスな味が好きらしい。実は俺も好き。

このクモが一番美味しかったのはなんだかなぁ笑

 

ちなみに俺らが一番好きなのがこちら。
かなりすっぱいのですっぱいグミが好きな方におすすめ。映画とか見ながらつまむべし。

 

 

そして夕食。

観覧車代を浮かして(?)くれたので、夕食は彼女の好きなものを食べようと言うことに。

二人で飲食店をぐるぐる回りながら彼女は候補を洋食店と中華とつけ麺の3つに絞った。

洋食店は単純にサンプルのオムライスがめちゃ美味そうだったから。

中華は彼女は生まれてからちゃんとした(?)中華屋さんにあまり行ったことがないので興味があったそう。

つけ麺は俺とラーメン屋巡りまくって、普通に好きだからという理由。

 

 


「もう…決められないよ!」

 

とすげー悩んでいた。。。

「またここに来れるから、直感で選んだら?」
とアドバイスしたら、せっかくだからと(?)中華に決定。

 

その中華屋さんはアットホームな感じで居心地も良くてお財布にも優しげなこちらのお店。

陳麻婆豆腐さん

彼女が担々麺と麻婆豆腐が好きなのもあり、その2つと山椒のソースの豚バラを前菜に注文。

出てきたのがこちら。

山椒も豚バラも大好きなのでこれは無敵

辛さ選べてこれはスタンダード。少しピリッと。

麺は細麺でよくからむ

 

美味しそうでしょ?

彼女は初めての中華にいたく感激したようで、これから調味料を揃えて家で本格的なやつを作る!とテンション上がっとった。

内心、「これで家で本格中華が出てくるのか…外食の必要ねーなグヘヘ…」と思っていた。

自炊は財布にも優しいし、食べた後そのまま寝られるし笑

 

その後、足が限界ということで、バイクに乗って帰ろうとしたら、マイバイク置き場に大学生っぽいバイク乗りが7、8人たむろしてる。

雰囲気がサークルっぽい。

普通ならスルーするんだけど、そのグループの中に女の子が一人。

それを囲むのが全員男子。

女の子一人がよく喋りそれを男子が笑顔で聞いている。

姫だ!

これが噂の姫だと!

ああいうのってライバルが多くなってトラブルになったりしないんだろうか。
でもバイク乗りはやっぱり男が多いので、この衰退したバイク業界を盛り上げるためにもあの子には頑張ってもらいたい(最高に余計なお世話)。

バイク乗りの女の子が多くなれば、レディースウェアのデザインももう少しマシになるかと思う。

 

そして「青春だねぇー♪」と一言で片付けたマイ彼女ドライ。

 

その後高速で家に帰る。
外は真っ暗なので気をつけて帰らないと。

こないだなんて高速道路上に脚立落ちてたし…。

 

☆関係ないけどバイクの二人乗りについて☆
バイクの二人乗りは結構煽られる。やっぱり目立つし、それでいて普段よりもっと法廷速度で安全運転するので、急いでる人からしたらイライラするのかも。追突されたら敵わんので、俺の場合はすぐにハザード出して先に行かせたり、道幅がなければ脇の路地やお店とかに入っちゃう。「何煽ってんだごるぁ!」と思わないでもないけど、怒ってもどうにもならんのなら、スルーして危険回避するようにしてる。

もうお互い煽りには慣れたもので、二人して…

「下痢だな」(汚くてゴメンナサイ)

と思うことにしている。

お腹痛いときはそりゃ急ぎたくもなる。
せめて漏らさないように祈ってるぜ…。

 

その後無事家に着いた時は二人して足がイった。
今回思い知らされたのは遊びに足の疲れはつきもの、ということ。
過去の記憶さかのぼっても足が疲れることがたくさんあった気がする。

靴を買い換えるお金は無いからせめてインソール(中敷)だけでも。
千円以下で俺がお小遣いで手軽に買えるにはこのクラス。値段の割りにエアーが入っとる!

でも将来的には彼女にこの類のものをプレゼントしたい。
バイクは足が冷えるから電熱とか本当最強だと思う。

 

 

彼女の足をマッサージしながら、今日の思い出を。

 

野毛山動物園の休日はやっちまったな…とか

クリスマスは動物デートに再挑戦か…とか

出店のアルコール類飲みたかったな…とか。

クモのグミがあるなら、カブトムシとかカマキリも世界を探せばありそうだな…とか。

バイクサークルの姫の奪い合いは最後はやはりレースで決着をつけるのだろうか…とか。

麻婆豆腐を米にかけることはやはり正義…。

クリスマスツリーの近くの鐘を鳴らすのいろんな人見てて少し恥ずか…。

足がぐでんぐでんでねむ…。

 

いつの間にか寝落ち。

 

そんなこんなで彼女の誕生日イベントは終わった。

なんだかこうやって記事にするとグダグダだけど、変にカッコつけられない自分なので仕方なし。

次回はもっとちゃんとしたいぜ(本当か?)。

グッバイ横浜

 


-不意打ち-

揚げポテトを食べた夜、ご機嫌な彼女。

コメント

タイトルとURLをコピーしました