パイオネックスゼロで顎関節症が和らぐ嬉しい誤算。美容アイテムとしては心強い。

 

前回の記事の続きです。

 

なんとしても彼女のガチガチの体を癒すべく、円皮鍼にたどり着いた俺。

 

この円皮鍼、いろいろなメーカーが出していてよくわからないのだが、一番求めたいのは、安全性だ!

 

 

俺の体ならまだしも彼女の体に傷跡でも残ろうものなら、大変なことになる。

「すいやせん!刺したところ傷跡残ってしまいやしたぁ!!」

なんてことになったら…

 

 

と眉尻の下がった儚げな笑みで彼女がフォローする未来がはっきり想像できる。
そんなん泣ける。

また傷跡以外にも刺したところから雑菌が入ったり、テープの質が悪くてかぶれたりするのも心配だ。

 

そこでやはりメジャーなのはメジャーたる所以があるのだと最も有名でありレビューも多かった、

 

SEIRINさんのパイオネックスにした!

 

これに決めた理由をざっとまとめると、

・最初から最後まで国内生産
・衛生的に貼れてテープもかぶれにくい
・針がすっぽ抜けることが無い構造

SEIRINは治療院の先生とかも勧めている記事もあったので、鍼治療若葉マークの俺としてはまずこれで始めたいと思ったのだ。

 

ここで問題なのは鍼の長さを何ミリにするかだ。
パイオネックスには鍼の長さがゼロ、0.3、0.6、0.9、1.2、1.5mmと選べる(現時点)。

ゼロは鍼ではなく突起が付いていて押圧できるというもので、これらシリーズの中での人気は0.6mm、0.9mmらしいのだが…ふむ。

 

これまで0か100かで生きてきた俺としては、

ここは一番効きそうな1.5mmで!

と言いたいところだけど、レビューを見る限り鍼長と効果は必ずしも比例にしないようで、こればかりは試して自分にあったものを探すしかなさそう。

 

ということで考えた結果…

 

パイオネックスゼロで!

 

ひよりやがったな腰抜けが!
鍼でもねーじゃん!

と思われても仕方ないチキンな選択だ。
しかし何しろ自分に刺すわけではないので、パイオネックスがどういうものかをまずは確認したい。

そして彼女は注射が苦手だ。
先端恐怖症とかではないけど、彼女の腕は血管が見えにくく、昔から注射を痛く刺されて針に苦手意識があるらしい(鍼が向いてないとか言わない)。

 

ということで、ここはマイルドなゼロでいく。

 

そしてこのゼロ、鍼がなく気軽に顔面や首周りに貼れるので、女性には魅力的なのではないだろうか(勝手に判断)。
また、デコルテや脇付近などは皮膚が薄く、その下に大切な臓器があるのでzeroはその点でも優秀だと思う(効果があれば)。

 

 

そんなこんなでパイオネックスZero到着どん♪

 

これだけ悩んで買うと神々しく感じるぜ(?)。

 

 

 

一つ一つこんな感じで、パッケージされていて衛生的に管理できるようになっている。

 

貼る時に少し??となったけど、こちらの動画を参考にしたら理解できた。

テープの粘着面を触らずに貼れて衛生面で安心。

ちなみに貼り方はzeroも鍼がついてるものも同じ。

 

 

今回は彼女が慢性的に凝っている肩と首、背中、腰に貼ってみた(多いな)。

 

 

さてさて、気になる効果ですが、結果から言うと値段なりの効果はあった

彼女曰く「かなり楽にはなってる」「こんな小さな突起で体感できるのはすごい」とのこと。

しかし肝心の最初のテーマである俺の指圧では届かない筋肉の奥のコンクリート化した部分は解消したのかを訊くと、

 

「…ぅん…そこまで…ではない…かも?」

 

 

 

ま、まぁzeroは押圧だしきっとマイルドだしこれは予想してた(震え)。

そして翌日俺も首に貼ってみたけど、確かに効果は感じる。
なんというか、誰かにマッサージしてもらった後寝て起きた時、くらいに爽快ではある(それはそれですごい)。

しかし鍼治療程の効果があるのかというとそれは俺たちの場合は感じなかった。
ただこれはあくまで一日での効果であり、これを貼り続けた場合はまた違う感想になるかもしれない。
そもそも円皮鍼にそこまでの効果を期待するのは違うのかもしれないが、心の中の真○みきが「諦めないで」と言ううちは俺は諦めない。

 

また後日談として、彼女の顔に貼ってみたところ、こっちの方がいいじゃん!!という結果に。

というのも彼女は顎関節症で顎を大きく開けると痛いのだ。

で、その顎関節症の症状を和らげるのに顎周りのマッサージは効く。
俺が顎をマッサージするとその前後で口に入る指の本数が違うくらい、いつも顎まわりが凝ってしまう。

 

そんな彼女の顔面(特に顎周り)にパイオネックスzeroを貼ったところ、口を開けるのが楽になったそう。
このことからも押圧という点ではかなり優れているといえそうだし、別の場所に貼れば女性が気にするほうれい線や顔全体のたるみには効果がありそうなこともわかった。

 

 

これらの検証結果からパイネックスzeroは額関節と美容用と割り切って使うことに決定。
(全くの無駄にならなくてよかった)

 

お風呂でハンドマッサージした後にやってから寝る前にzeroを貼れば、より効果は高まって翌日はしゃきっとした顔になっていることだろう。
また女性だけでなく男性もここぞという日はあるもので、そんな時用に一箱あってもいいかも。

 

俺もデート前日に貼って、

 

俺 「なぁ、俺どこか変わったと思わないか?」

彼女「わかった!昨晩パイオネックスzero貼ったんでしょー、このこのぅ」

俺   「正解!こいつめぇ」

彼女「えへへえへへえへへえへへ」

 

少し狂気を感じる会話だが、これは悪くないかも知れん。俺も貼る。

 

ということで少し消化不良気味だけどパイオネックスzeroは美容目的には試してみる価値あり!という内容でした。

今度はちゃんと鍼のを買う予定なのでそしたらまたご紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました