自宅で鍼治療なるか。ずっと治らなかった彼女のコリvs.円皮鍼

 

本日からkanokire始動です。

 

このブログでは【俺】が、彼女が健康で健やかな毎日を送れるよう奮闘する生活を綴っていきます。

といっても彼女にお世話してもらうことのほうが多いかもしれないけど汗

カノキレの詳しいことはこちらの記事に書いてあるのでよろしくお願いします。

 

 

さてそんなわけで、今日から記事を書いていくわけだけど、最初の記事は至ってどこにでもある話なわけで。

 

そう。

 

彼女の体の凝りを治そうというお話。

体の凝りはおそらく世の中の人間の半分以上が今現在体感していること(だと思う)。
そして皆それありきで日々の生活を送っていることでしょう。

 

俺の彼女も同じように肩オンリーとか腰オンリーとかいう話ではなく全身がバッキバキ。
背中をそっと押すと、

 

 

と叫び、おもちゃ屋さんでは絶対に売れないであろう押すたびに悶絶するお人形さんになる。

それでも前よりは良くなったほうで、以前彼女の体調が悪かった時期は体中が超合金でできているのかって思うくらい固かった。
当然そこまで凝っていると血流もリンパの流れも悪くなるので頭がぼーっとしたり貧血やらが頻繁に起こるようになる。

 

あ、女性で慢性的な貧血をお悩みの方で病院へ行ってもこれだ!という原因がわからないなんて方は肩や首の凝りを疑ってもいいかもしれません。
彼女も鍼治療に行くとだいぶよくなります。

 

でだ。

 

その鍼治療に毎週行ければいいんだけど、鍼は保険が効かないところがほとんど(というか保険が効くところあるのか…その辺はグレーなので当たらず触らず笑)で、一度の施術で5千円だとしても月に2万円程かかる計算になる。

うん。厳しい。

 

そう判断した聡明な俺は、気合いのD(抱きしめて)・I(アイラブ)・Y(YOU!)もとい己の両の手に宿る聖なる気で彼女を治すことにした。
まぁ要するにただの素人マッサージである。

 

 

この彼女へのマッサージ、主に風呂上りの夜にやるのだが頻度はほぼ毎日やる。
足、腰、背中、首、肩、全身を日によって分けたり、調子良いときは全身を二時間くらいかけてやる。

こう書くとかなり頑張り屋な彼氏に思えるけど、寝る前のマッサージ時間は映画や動画を二人で見られる自由な時間なので全然大変とか思わないし、やっていて筋肉のハリがほぐれていく様は育成ゲームのような楽しさが何とも言えなかったりする。

 

やり方は動画サイトなどに上がっている先生方のを参考にしたり、少し本を見たりしているが、我流の域を出ないことは間違いない。
ちなみに体を触る(マッサージする)ということは体を壊すことにも繋がる行為なので、時間とお金に余裕がある人はプロにやってもらってください(当たり外れも多いけど)。

 

 

話が脱線した。
まぁ毎日彼女の体をマッサージしているとわかることがあるわけで、それが何なのかというと…

芯まで届いてない…!!

 

以前彼女が鍼治療した後の筋肉はめちゃくちゃ柔らかくて彼女自身も体がこんな軽いなんてありえない!みたいなニュアンスのことを言っていた。
その状態は筋肉の奥の凝り固まった部分がほぐれている状態だと思う。

 

そして悔しいことにどんなに俺が超絶テクで頑張ってもその域に到達できない。
彼女が楽になるツボも特に凝る筋肉も把握し、日々マッサージのやり方を試行錯誤しても鍼治療の芯に効く感じに届かない。

 

くそぅっ!!…くそぅっ!!…くそぅっ!!(エコー)

 

俺が毎日しているマッサージは、例えるならコンクリートの上の土を一生懸命耕しているようなもので、実際の凝りの元凶はその下のコンクリートなのだ。

しかし俺のド下手くそなミラクルウルトラファイヤー指圧マッサージやリンパマッサージではそのコンクリートを砕くことはできず、毎日やろうが彼女の体はいつもどこか凝ったままという状態(やらないよりはマシだろうけど)。

 

 

なんとかこのこのコンクリートを自宅で砕きたい!と思っていたところ…
俺は閃いた。

 

家で鍼はできないのか。

 

もし家で簡易でも鍼治療ができれば、

・お金がかからず
・彼女の筋肉を芯からほぐすことができ
・お財布に優しい(念押し)

のではないか。うむ完璧だ。

 

すぐにネットで検索すると自分で鍼する人が意外にいてびっくり。
しかも美容目的で顔面に鍼っちゃってる方もたくさんいて、なんだか自分が世間知らずな古い人間に思えてしまった。

 

 

でもさ…

画像見てて思ったんだけど…

なんか…

 

とても痛そうなんだが。

 

効き目どうこうとか以前に単純に痛そうで見てられない。
しかも俺のマッサージでさえ気を遣っている彼女に、

 

 

つってあの長い鍼をぶっ刺す気にはとてもなれない(そもそも資格ない人は他人に刺しちゃいけませんし)。

 

そこで、登場するのが…

円皮鍼!!

 

0.○mm~1.○mmという短い鍼にテープが貼ってあってそれを体に刺しておくとあら不思議、痛みが無くなって楽になる!というもの。

置き鍼といって治療院の先生が貼ってくれるものもこれです。

 

ネットで見つけた瞬間は人生の勝利者のごとく、マジのときにだけやる【小さくガッツポーズ】をやってしまったが、よくよく考えると、

 

鍼が短くて効果がなさそう…。

 

こちとら筋肉の奥のコンクリートぶっ壊してふにゃふにゃにして血液バンバン流してうひょっひょしたいのにこの円皮鍼見てください。

 

不安だぜぇ。

 

 

しかしレビューを調べれば調べるほど良い事が書いてあり、たいそう騙されやすい俺は、
それで彼女の体が少しでも楽になれば!とネットで購入!

俺のように貧乏生活を拗らせると、円皮鍼1つ買うのにブラウザのタブ20個くらい開いて1円単位まで計算するようになる。
そして時間をかけて買った後に、その時間を仕事に当てれば元が取れたかもしれんと悔やむのだ。
なぁに、いつものことよ。

 

 

今回少し長くなったので、どの円皮鍼を買ったのか、またその効果については次回の記事に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました